中小企業診断士試験(1)

中小企業診断士は、中小企業支援法に基づき経済産業大臣にから与えられる国家資格であり、社団法人中小企業診断士協会が試験を主催します。試験は、一次試験の筆記、二次試験の筆記、口述からなります。受験資格は一次試験は特に設けられていませんが、二次試験は一次試験合格者のみが受験できます。

一次試験はマークシート方式で試験科目は経済学・経済政策と財務・会計、企業経営理論や運営管理( オペレーション・マネジメント )、経営法務 、経営情報システムそして中小企業経営・中小企業政策の7科目で各100点の700点で、総得点の6割以上が合格のボーダーラインとなります。

ただし、1科目でも40点を下回ると合格できません。更に二次試験の筆記は、中小企業の診断及び助言に関する実務の事例 IからWの4科目が試験科目となり、1科目100点ずつの400点満点で、合格基準は一次試験と同じです。

また、次の二次試験口述試験は、筆記試験合格者が進める試験で、中小企業の診断及び助言に関する能力について、筆記試験の事例などを元に、受験者一人ずつ面接方式が行います。一人あたり10分の時間配分で、合格するには割以上の得点が必要となります。

試験のスケジュールとしては、一次試験は願書の配布が5月上旬から6月上旬、願書の受付が5月下旬から6月上旬、試験日は8月上旬の土・日の2日間で、合格発表は9月上旬となります。

更に、二次試験の筆記は願書の配布が8月上旬から9月中旬、願書の受付が9月上旬から9月中旬、試験日は10月中旬の日曜日そして合格発表は12月上旬です。更に二次試験の口述は12月中旬の日曜日に実施して、最終的な合格発表は12月下旬となります。




保険を一体どんな人と相談をすることになるのでしょうか。その相談結果が的を得たものになるかどうかによってどんなプランの保険による保障になるるかが決まります。安易に取り組まないことです。気合をしっかり入れて自分の保険をどうするか検討を検討しましよう。しっかりと保険についてあらかじめ考えておけば思っているよりもうまくいきます。保険比較はネットを参考にして保険探しをしましょう。
生命保険についてならここ



自動車保険や車両保険についての問題は誰の車であっても結構面倒な出来事です。自動車保険や車両保険を比べることについて四角四面に決めつけず気楽に生きましょう。自動車保険を比較検討するには保険ショップなどに頼むのも肝要です。自動車保険や車両保険選びについて誰しも悩む問題でもしっかりと保険のことを考えましょう。
自動車保険のページ
hoken-erabi.com/

生きていく上でちゃんと自覚しておかないといけないことはかなりいろいろ沢山とあります。その内の一つが保険を考えておくことです。かなり面倒なことです。生命保険比較をしてくれる人を探しましょう。保険を選ぶことを単純すぎるような考え方をしないことです。ファイナンシャルプランナーなどに見直しや見積もりなどを依頼してみるのも-

生命保険の相談対応をしてもらうことをよく考えてみましょう。保険とどう接するかについて考えてみることにより考え方が変わるかもしれません。しっかり検討しないといけないのは保険の保険料の負担額です。保険を考えることはどうしても心配になってしまう問題でもあります。生命保険の比較検討を良く考えて進めましょう。-